04/24 被災地支援イベント”DEBOUT ! action 1″レポート

Posted on by on 4月 24th, 2011 | 0 Comments »

4月24日
「りんご野」のフランス在住メンバー、さとこの主催で、パリ市・バスチーユでも支援金を募るイベントが開かれました。

岩手・宮城・福島の民謡や写真を使ったスライドショーの上映、弾き語りやチェロのソロ演奏、情動的なエレ キギター、穏やかなウォーターボールなどのコンサート、またアート作品作成・展示のほか、手作りおにぎりや焼き鳥、抹茶ケーキなども販売しました。東北の被災地の声なども出来る限り伝え、多様な意見交換の場にすることも目的でした。

復活祭の連休と重なってしまったこともあり、集客は百数人に留まりましたが、基金は日本円で約25万円集まりました。地元青森は平川市広船アップルクラブからご協力をいただき、石巻の明友館に約450キロの金星とサンふじを、残りは支援金として送りました。寄付したお金が即座に使われ、直接被災地へ届くという点も注目を集めていました。イベント企画制作には、パリ在住の日本人で何かしたくてうずうずしていた人達や、また何か少しでも貢献したいというフランス人の友人たち、大勢の力を合わせることができたと思います。

イベントの様子はこちら、フランス語ですが、写真とビデオが見られます。
http://www.prelerecords.net/debout-apres.htm

日本語のプログラム告知はこちら。
http://www.a4l.jp/events/debout-1

明友館ホームページ
http://www.meiyukan.com/
明友館では、避難した方々が率先して地域の孤立被災者の支援をしています。行政や赤十字からの金銭的援助がなく、当面は自費で支援活動をされているので、私達が送った支援金は即座にに役立てたようです。また大量に送ったりんごも、明友館を通して、地域の被災された方々に配布していただきました。

6/25 支援イベント第2弾Debout! action2開催決定!in Paris »