りんご野グッズができました!

Posted on by on 12月 21st, 2011 | 0 Comments »

www.facebook.com/

・・・といっても今年の9月にさかのぼりますが、りんご野オリジナルのポストカードとバッジを製作しました!収益は、子どもたちに愛情たっぷり特製りんごと家庭に一部のリーフレットを送り続けるための資金として、引き続き大切に活用させていただきます。

ほんの一部ですが、元気にガブリ!
http://ringono.com/2011/11/14/gaburi/

これまでのお届け先
http://ringono.com/for_tohoku/(これからも更新していきます)

さて、どんなグッズなのか?製作のきっかけとなった、フランスはパリ市のグランパレ美術館で開催された「ディナモ・フクシマ」の報告ページに書いたので、引用します(決して手抜きではありません。臨場感を求めるゆえです。)

・・フェスティバルFUKUSHIMA!の際、りんご野ブースのお絵かきコーナーで、お子さま方が楽しく描いた絵から、りんご野スタッフの独断と偏見で 数点選んで作ったポストカードなんです。「ちょっと!わたし/ぼく/おら(?)の絵はどうしたの!」とお怒りのお子さま方、すみません。それぞれに魅力があったのですが、予算と時間の関係でほんの一部しかカードにできませんでした。許してね。これにめげず、これからもお絵かきを続けて、いつかまた見せてね。そして、いつかフランスにも来てね。みんなの原画はフランスで大切に保存してあります。改めて、年少順に、渡邉ゆうまくん、久納日向くん、南春菜ちゃ ん、そしてご父兄の方々、突然の申し出に快く応じて下さり、ありがとうございました!このカードは老若男女を問わず、沢山の方に購入いただきました。
福島のお子さま方の絵の他には、りんご野のイメージイラストを制作してくれたスギヤマショウコさんの作品と(これは特に若い女性に人気でした)、知る人ぞ知る山のかみさま「ずるすけもほ」が、ポストカードとバッジになりました。「ずるすけもほ」は、4月から被災地支援のためのりんごを惜しみなく提供して下さっている、青森県広船地区りんご農家の外川薫さんが制作した絵本にも、りんごの木とふくろうが一体になったような姿で登場します。・・・

りんご野のグラフィック担当アヴェユキが、魔法の杖でさらさらーっとデータ化したものを、フランスであくせくと製品にしました。これまでは様々なイベントなどで販売してきましたが、メールオーダーの受付も検討中なので、絶対もしくは多分欲しい!そしてそのお金で子どもたちにりんごを!という志をお持ちの方、ご連絡ください。

このグッズ、なんと福島市でも売っていただいたのです(渡邉さん、ありがとうございます!!)福島にりんごを送るための募金を福島市で集めるのも妙に思われるかもしれませんが、一方的に支援をするだけでなく、こうして一緒に活動できるのが大変頼もしく、私たちも身が引き締まる思いであります。

また、12月初旬には、大阪のセレクトショップJENGOにて、りんご直売の際に販売いただきました。熱血りんご農家の外川さん、スーパーヘルプの岡内さん、感謝です!詳しいレポートは現地にねぶた囃子を響かせた岩城からのレポートにて・・・

何かと忙しい年末年始、皆さんもぜひりんごパワーでお元気にお過ごし下さい。

« りんご野 in Osaka
2012年1月、福島に行ってきました »

What’s New