飯舘村の佐藤健太さんを囲んで

Posted on by on 4月 23rd, 2013 | 0 Comments »


青森ではこれからが桜の季節ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。以下りんご野フランスからのお知らせです。

りんご野フランスでは、リヨン市在住アーティスト東陽子の主催する「フォーフクシマ」と共同で、飯舘村から福島市に避難中の佐藤健太さんを囲んで、5月10日金曜の夜、パリ市でお話会を開きます。

佐藤さんは福島第一原発事故の影響で、福島県の飯舘村より福島市へ引越しを余儀なくされました。ご自身の被災にもかかわらず、同村の方々と「負げねど飯館!」を主催するほか、積極的に日本全国を回り講演会を行ったり、昨年はチェルノブイリへ視察に行ったりと精力的に活動されています。

当日、佐藤さんご本人のお話のほか、ドキュメンタリー映画短編集「Les Récits de Fukushima」(「福島のお話」、Alain DE HALLEUX監督作品)より、避難、除染、青少年のテーマを描いた3編を上映するほか、鎌田實医師が主催する団体、JIM-netの写真スライド上映も予定しています。JIM-netさんは湾岸戦争以来、劣化ウラン弾の被害を受けるイラクの子ども達へ医療支援を行っています。

まだまだたくさんの問題が山積みの中、遠くに住む私たちが震災・原発事故を決して忘れることのないよう、このお話会が微力ながらも自分になにができるのかと考えるよい機会になること間違いないと思います。是非友人ご家族の方をお誘いあわせの上、お越しください。フランス語のお知らせはこちらからどうぞ

 

飯舘村の佐藤健太さんを囲んで

場所:Studio Campus – 12 bis rue Froment (メトロ:5番線Bréguet Sabin、8番線Chemin Vert)

日時:5月10日(金)19時30分オープン、映画上映20時頃、その後お話

入場料:3ユーロ

(おにぎり、マロンケーキ、シードル、りんご野グッズ、フォーフクシマ缶バッジ各種などの販売も行います。入場料と飲食物の売り上げは「負げねど!飯舘」に寄付させていただきます。)

日仏通訳はAurélien Estagerが担当します。また、会場提供(2011年4月にDEBOUT !を開催した音楽スタジオです)、映画・スライド上映等、全て無償で快諾いただきました。ボランティアのみんなにも心から感謝します。

kenta sato

« りんご野Tシャツできました!
6-7月 イベントのお知らせなど »