震災から4年、りんご野より・・・

Posted on by on 3月 8th, 2015 | 0 Comments »

visual by imagenumerique

visual by imagenumerique

 

震災から4年、フランスの仲間達にぐいぐい背中を押されて、パリ20区でりんご野のフェスティバルを開催することになりました。
3月14日、震災追悼にはふさわしくないかもしれませんが、午後は子ども向けワークショップとおやつDJ、夕方から夜中にかけてコンサート・アート・各種ブース、夜中から明け方までDJオーケストラというマラソンプログラムでお待ちしております。収益はりんご野の活動費として大切に活用させていただきます。

これまで日本とあまり縁のなかった人たちも参加しやすい内容を心がけつつ、りんご野の活動報告をします。また、アーティストの作品を通して震災にまつわる証言も伝えたり、会場に集まる方々と一緒に子ども達へプレゼントも作成する予定です。

この「フランスからこんにちはりんご(仮題)」は、以前からりんごを通して交流のある南相馬市や伊達市、それから宮城県の小学校にお届けします。会場に集まる方々の顔写真をりんごの形に仕立て、りんごの木に実らせる、というものです。「フランスで集めた募金」、「フランス人」・・・と言っても、実際には多種多様で、子ども達もイメージしづらいと思うので、この機会にりんご顔でごあいさつ、という主旨です。子ども達に少し身近に感じてもらえると嬉しいです。

フランス語ですが、プログラムはこちらです→ https://www.facebook.com/events/443361449151891/
在パリ近郊の方、パリにお友達のいる方、ぜひお知らせください!

自分たちにとって縁遠い国で起こった災害を忘れるどころか、全力で手作り企画を持ちかけてくれたImagenumeriqueの仲間達、無償で参加を快諾してくれたアーティスト達やボランティアのみんなに感謝です!

Confluences, lieu d’engagement artistique
190 Boulevard de Charonne
Paris 20ème / M° Philippe Auguste
www.confluences.net
+++++++

また、パリ7区のギャラリーPlanète Rougeさんの震災追悼のグループ展で、11日、石巻明友館の記録をフランス語にした冊子の紹介と、りんご野の活動報告をさせていただきます。展示は3 月10日から28日まで、放射線が目に見える「放射線像」フォトプロジェクトや、放射性廃棄物の最終処分場を建設する為に伐採されている栃木県塩谷町の森 の記録、パリ各地に設定された震源地に近づくと音楽が聴けるアプリなど、色々考えさせられる作品が展示されます。期間中、BENTO&GO!さん がお弁当を販売して、収益をりんご野に寄付くださるそうです。こちらも必見です!

イベントページはこちら

+++++++

最後になりましたが、大震災で犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。今こうして生きている私たちの日々を大切にかみしめつつ、りんごを通して子ども達にささやかな希望と喜びをお届けできればと思います。

« 2015年、揺れるフランスよりごあいさつ
パリから東北へ、「ボンジュールりんご」 »