Art Work


artwork

国内外から作品を通じて被災地を応援する活動をしている方々、作品を紹介します。

Fumio’s World

Fumio's world

エジンバラ在住のイラスト、アニメーション等を手がけるクリエイター、小幡文男さんが2011年3月11日より書き続けているイラスト日記です。

日本とヨーロッパの報道の違いや人々の反応、ご本人の想い等、現在も継続して連載されています。

»英語版はこちら
»日本語版はこちら
»小幡文男公式サイト(英語)
※オリジナルが英語版のため、日本語版との掲載数が異なります


チャリTプロジェクト『1×100=START 』

チャリTプロジェクト『1×100=START 』

TシャツブランドNOTAVLEと恵比寿にあるTorsoBarの共同企画。Tシャツを通して日本を元気に!!をコンセプトに活動するプロジェクト。

1枚のTシャツに100名のメッセージが刻まれています。売上金の一部を東日本大震災の被災地への義援金として寄付しています。
※詳細は下記Torso Barのサイトの右下のバナーをクリック
»Torso Bar HPはこちら

みんなの家 (Maison Pour Tous / A Home For Everyone) Playbutton Compilation
東北支援チャリティーコンピレーション

東北の被災地区の住民に出会いや交流、そして共に未来を考えることができる親睦の場、開かれた家を建設する計画「みんなの家」。Sonoreはポータブル・オーディオプレーヤー/バッジのPlaybuttonを制作しこの家の資金収集に参加するために、Parte、Zoom Japon誌、非営利団体Japonaideに協力しています。

SONOREはパリで行われたりんご野のイベント、仏グラン・パレ美術館、DYNAMO-FUKUSHIMAでもご協力頂いています。

No Comments

You must be logged in to post a comment.