りんごの効能


一日一個で医者知らず。がん予防や整腸作用に加え、りんごは体内に蓄積した放射性物質を排出するお手伝いもします。チェルノブイリの汚染地域で20年以上前から住民の防護に携わっているベルラド研究所では、ホールボディカウンタで体重1キロあたり20ベクレル以上測定された子ども達に、りんごジュースのしぼりかすを乾燥させたものにビタミンや微量元素を加えた栄養補助食品を24ー30日間与え、体内の放射性物質を40ー90%減少させています。また、富山医科薬科大学の田澤賢次名誉教授は、30年に及ぶ研究で、りんごの抗酸化作用、がん転移抑制などの効能を明らかにし、生のりんごでは皮のまま一日二つ程度食べることを推奨しています。日本のりんごは大きいので、半分でもいいという青森の食品加工関係者の方もいます。さらに、ベルラド研究所のネステレンコ所長は丸ごとしぼったストレートジュースも勧めています。

りんごに豊富な食物繊維は代謝を助け、食物繊維の一種であるアップルペクチンは重金属との吸着作用を発揮、ダブルの効果で放射性物質を追い出す手助けをします。アップルペクチンは皮にも多く含まれます。汚染されてないりんごは、皮のままかじりつきましょう。幼児や歯の弱い方は、皮ごとすりおろしましょう。カルシウム、ポリフェノールもたっぷりのりんごの力を、ぜひ丸ごと味わってください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
バーゼル大学のミシェル・フェルネクス医学博士は、さらに、腸内細菌の酵素によって分解、吸収されたペクチンは、血液中の放射性物質を尿を通して追い出す手助けをする、と述べています。ペクチンの他にも、抗酸化作用の高いカロチノイド、ビタミン A、E、Cを推奨し、緑黄色野菜や色の濃い果物、また海藻、緑茶(いずれも汚染されていないもの)を積極的に取り入れることで体内の活性酸素を取り除き、セシウム、 ストロンチウム、ウラン誘導体の吸収を減らすことができるそうです。また、りんごの芯もペクチンを多く含むため、捨てずに丸ごと煮たりジャムにしたりなどして保存し、四季を通して食べることもお勧めしています。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


注釈
* ベルラド研究所のネステレンコ博士の論文「チェルノブイリ地区の放射性物質からの開放」
田澤教授訳(PDF)

※上記論文への田澤教授からのコメントはこちら。

 

**農薬が心配という方へ:実はりんごは収穫80日前に薬かけは終わるので(「サンふじ」の場合)出荷時の農薬残留はゼロまたは限りなくゼロに近いのです。特に青森は涼しく、虫や病気も少ないため、もともと薬も控えめです(農家の方々は雨合羽一つにマスク程度で全身に浴びながら散布しているんです。毒性の強い薬を使っていたのは、もう何十年も前の話なのです)。「りんご野」としては、特別過敏な方でなければ心配無用と考えます。ただ、りんごは一年中天日にさらされ、雨風に吹かれていた健康優良児です。ホコリが付着してることだってあるでしょう。よく洗うか、よく拭いて、思う存分堪能してください。